FL Studio Mac版をダウンロードしてみた

前回DAWソフトウェアの動作環境を調べた記事を書きましたが、その中でFL StudioのMac版があるという情報を発見しました。

いろいろ調べた結果、実は2013年5月には出てたとのこと。2年前じゃん(笑)

というわけで、世間的には今さらですが、FL StudioのMac版をダウンロードしてインストールしてみた件を書きたいと思います。

とりあえずダウンロード

その情報というのは、発売元であるImage Lineの公式サイト内フォーラムでした。

FL Studio 11.0.3 Public Beta

FL Studio(Image-Line)のMac版についてのフォーラム

FL Studio(Image-Line)のMac版についてのフォーラム

ちなみに、このページを表示するにはログインが必要になります。

Image-Lineのログイン画面

Image-Lineのログイン画面

もしアカウントをお持ちでは無い方は、「CREATE ACOUNT」というボタンからアカウントを作成しましょう。

Image-Lineのアカウント作成画面

Image-Lineのアカウント作成画面

ログインできたら、自分のアカウントページが表示されます。

My Acount画面

My Acount画面

そうしたら、先ほどのForumページを開きます。改めて以下にリンクを書いときます。

FL Studio 11.0.3 Public Beta

で、そのページを少しだけ下にスクロールすると「How to install the OS X FL STudio Beta:」という部分があります。この中の2番目にダウンロードリンクがあるので、それをクリックしましょう。

FL Studio Mac版のダウンロードリンク

FL Studio Mac版のダウンロードリンク

インストールして起動。簡単ですが・・・

ダウンロードするのはZIPファイルなので、ダブルクリックで解凍します。するとappファイルが作成されます。

ダウンロードおよび解凍したファイル

ダウンロードおよび解凍したファイル

このFL Studio.appをMacの「アプリケーション」フォルダに保存するだけです。

起動しようとすると、Macの設定にもよりますが、よくあるセキュリティエラー「開発元が未確認のため開けません」が表示されます。

で、いつも通り「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「一般」から「このまま開く」をクリックします・・・で、起動されるはずが、いつまで待っても起動できず。

原因はよくわかりませんが、Wineを使って動いてるっぽい?ので、それが何か影響しているかもしれません。というわけで、とりあえず「すべてのアプリケーションを許可」に設定します。

Macのセキュリティ設定

Macのセキュリティ設定

で、先ほどのappファイルをダブルクリックして起動すると、ちょっと待てと言われますので、数分待ちましょう。

初めての起動後、少しだけ待ちます

初めての起動後、少しだけ待ちます

なお、アプリケーションは一度起動してしまえば次からは普通に起動できます。改めて設定を「Mac App Store からのアプリケーションのみを許可」または「Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」のどちらかに戻しておきましょう。

待ってたら何やら「DEMO」という文字が・・・

DEMO版の状態で開かれます

DEMO版の状態で開かれます

ようやくアプリケーションの画面が開きました。現状ではデモ版のようです。「This is the demo version!」という文字が見えます。

起動後の画面

起動後の画面

現在のデモ版から正規版にするには、先ほどのダウンロード画面の「How to install the OS X FL STudio Beta:」にある3番目の項目「Download your FLRegkey.Reg:」が必要なようです。

更に、VSTの追加インストールも何やら必要とか。まだよく調べてないので判ってませんが、4番目の項目「How to install FL Studio, Register it and add VST plugins:」の動画でそれが説明されてます。

めんどくせえええええー!!

というわけで、とりあえず起動はできましたし、今回はここまでにします。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)