Music Memosを使ってみたので簡単なレビュー

すでに少し出遅れた感がありますが、先日リリースされたAppleの「Music Memos」というiOSアプリを使ってみました。

これ、なかなかイイですね。

楽曲制作にかなり役立ちそうです。

私はiPad miniにインストールして使ってみました。

というわけで簡単なレビューを。

思いついたネタをメモしておくアプリ

この「Music Memos」がどういうアプリかというと、思いついたフレーズネタを簡単に録音して整理しておけるアプリです。

画面を見ながら少しずつ説明しますね。

まずアイコンはこんな感じ。

Music Memosのアイコン

Music Memosのアイコン

アイコンタップで起動するとメイン画面が開きます。

Music Memosのメイン画面

Music Memosのメイン画面

とりあえず画面上部のアイコンをタップしてみます。

中央の四角っぽいアイコン、多分紙を入れるトレイだと思いますが、これをタップするとメモのリスト画面が開きます。

Music Memosのリスト画面

Music Memosのリスト画面

詳しくは(と言っても大したことは無いですが)後ほど改めて。

次に右の音叉マークはチューナー、というか音程検知機能です。マイクから入力された音のピッチを表示してくれます。

Music Memosのチューナー(ピッチ認識)画面

Music Memosのチューナー(ピッチ認識)画面

左には「自動」というのがあります。これはまだ使っていませんが、音の入力を検知して自動的に録音スタートするものだそうです。

録音&再生してみる

メイン画面に戻って、中央の青い円をタップすると、ボタンが赤くなって録音が始まります。

Music Memosの録音状態

Music Memosの録音状態

録音が終わったら赤くなったボタンをタップします。これで録音停止。画面下部に録音した波形が表示されます。その上の再生ボタンをタップすると録音したものを聴くことができます。

Music Memosの録音完了状態

Music Memosの録音完了状態

ここにアルファベットが表示されていますね?

これは、認識されたフレーズに自動的にコードが付けられたものです。ほぼノータイム。しかも意外とフレーズに合ってる。スゲー。

で、その右側にはタグマークがありますが、これで録音したフレーズにタグをつけて整理しておけます。

Music Memosのタグ機能

Music Memosのタグ機能

あとですね、画面中央にベースマークとドラムマークがありますね。これをタップすると波形の再生時にベースとドラムも一緒に鳴らせます。

Music Memosのベース&ドラム機能

Music Memosのベース&ドラム機能

で、トレイマークをタップと先ほどのリスト画面に今録音したものが表示されています。この画面でも再生が可能です。

Music Memosのリスト画面に追加された状態

Music Memosのリスト画面に追加された状態

ついでに自動ボタンをタップした時の画面を以下に載せときます。

Music Memosの自動録音画面

Music Memosの自動録音画面

この状態で歌うか楽器を弾けば録音が始まります。

簡単にメモするならかなりイイ

当然ながら、この「Music Memos」を使って本格的に楽曲を作ることはできません。

が、楽曲制作の最初にはイメージしたフレーズを録音する、というところから始めることもあります。

そんな時にはDAWソフトを起動するよりもかなり簡単に録音し、しかも簡単なアレンジまでしてくれちゃうので、とても便利だと思います。

イメージがより膨らみそうです。

あと、なにやらGarageBandに簡単に読み込ませられるという機能もあるとか。

iOS端末とMacを使っている方なら、Music Memos→iOS版GarageBand→Mac版GarageBandまたはLogicという流れで作業をすると効率が良さそうです。

ちなみに、今回はiPad miniを使いましたが、実はiPhone5sにもインストールしようとしました。

ですが、諸事情によりまだiOSのバージョンが8であるためインストールは出来ませんでした。iOS9.1が必要だそうです。

というわけで、iOS9.1以上の端末をお使いの方は是非使ってみてください。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)