Sonar Platinumを使って簡単な伴奏デモを作ってみる(3) 〜 簡単なドラム打ち込み方法

前回まででピアノでのコード、そのコードからベースを作りました。

打ち込んだ音符をコピーペーストしたりアルペジエーターを使ったりすることで、手早く打ち込みが出来ることがお判り頂けましたでしょうか?

続きまして今回はドラムを打ち込んでみます。

SessionDrummerドラムを打ち込む

トランスポーズ機能を使ってベースのノートを1オクターブ下げたので、今度はドラムトラックを追加します。画面右のブラウザからSessionDrummerを追加します。

ブラウザからSessionDrummerを選択

ブラウザからSessionDrummerを選択

「プラグインシンセの挿入オプション」をいつも通り設定してOKを押すと、ドラムセットの画面が表示されます。これがSessionDrummerです。

SessionDrummer画面

SessionDrummer画面

表示されてすぐの状態では音はでません。ドラムセットが半透明に表示されています。

ここで、左下にある「PROG」という部分で音を選択します。ここではちょっとハウスっぽいドラムパターンにしようかと思うので、Rhythm Machineから「TR-909 Medium3」をダブルクリックします。

TR-909 Medium3を選択する

TR-909 Medium3を選択する

半透明だったドラムセットが普通に表示されたと思います。その状態になったらそのドラムセットをクリックするだけでドラムの音を出すこともできます。

では、パターンを打ち込みます。表示されているSessionDrummerの画面を閉じ、トラック上で右クリック、そして表示から「ステップシーケンサー」というのをクリックします。

ステップシーケンサーを起動

ステップシーケンサーを起動

四角が縦横に並んでいる画面が表示されます。

ステップシーケンサー画面

ステップシーケンサー画面

まずステップシーケンサー画面上部の再生ボタンを押します。この状態ではまだ音は出ません。

次にステップシーケンサー画面下部にある「BassDr」となっている列を4つおきにクリックします。これで4つ打ちバスドラムが出来ちゃいます。

4つ打ちバスドラムが簡単にできる

4つ打ちバスドラムが簡単にできる

続いてスネア、ハイハットを打ちます。すでにお気付きかと思いますが、ステップシーケンサー画面上部にある1〜4までの数字は拍を表しています。

それを目安に「Snare」は2と4の位置、「ClsHat」はバスドラムと同じ位置、「OpnHat」は2つずらして4つおきに打ち込みます。(下画像を参照してください。)

ハウスパターンも簡単にできる

ハウスパターンも簡単にできる

これだけでもハウスっぽい感じになってますね。

ではPCキーボードのDキーを押してトラックビューに戻ります。SessionDrummerのトラックにクリップが追加されています。下画像では既に一番左にありますが、もし違う場所にある場合にはドラッグして一番左に移動させましょう。

ステップシーケンサーで打ち込んだクリップ

ステップシーケンサーで打ち込んだクリップ

そのクリップの右端(トラックビューの小節数で言うと2小節目の頭)にマウスを合わせると、マウスポインターの形が少し変わります。その状態でクリックしたまま右に動かして8小節目まで伸ばしましょう。

クリップを伸ばすとループする

クリップを伸ばすとループする

ここで再生すると、打ち込んだピアノ、ベース、ドラムは全て再生されますが、ちょっとテンポが遅いです。なのでテンポを上げましょう。Sonar画面上部中央付近に数字が表示されている場所(恐らく100)があるので、そこを136くらいにします。

テンポを変更する

テンポを変更する

これで良い感じになりました。

基本的な音は揃ったので、次回はもう少しだけ音を追加します。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)