Studio OneのPresenceで効果音を作ってみる(3)〜爆発音を作る

簡単にミックス(音量調整)

前回までで電子音を作って音符の打ち込みまで完了しました。

今回は爆発音を作ります。

最後に簡単なミックスをして終了になります。

爆発音的な音の音色を選ぶ

次に爆発音的な音を作ります。

爆発音は大抵のシンセのプリセットに入っているはず・・・と思いましたが、Presenceにはありませんでした。

結構多くのシンセで「Explode」という名前で爆発音が入っていることが多いのですが、ないものはしょうがないですね。

というわけで、ここは代わりに「Gun Shot」を使います。

銃の音ですね。

Gun Shotを選ぶ

Gun Shotを選ぶ

これ、普通に使うともちろん銃の音でしかありません。

これの音程を下げて鳴らしてみてください。

ちょっと爆発音っぽくないでしょうか?

今回はこれを使っちゃいましょう。

爆発音の音符を打ち込む

この爆発音については特に加工せず、音符の打ち込みでいろいろ操作しましょう。

これは打ち込み完成の状態をまず画像で御覧ください。

爆発音の音符

爆発音の音符

ポイントは2つ。

1)オクターブ違いの音符の上の音を16分音符の長さだけずらし、2)上の音のベロシティを少し下げ目にすることです。

まず、基となる音は、先ほど作った電子音に重なって2つの音が鳴っているように感じられます。

カタカナで表すと、ちょっとアレですが「ドッカッッッドッカッッッ」って感じでしょうか。

Gun Shotそのままではその感じが出ないので、それをオクターブ違いで表現しているわけです。

あと、ベロシティを下げたのは、なんとなく少し遅らせたオクターブ上の音が目立ちすぎる気がしたからです。

これによって音量バランスを取りました。

最後に簡単なミックス

最後に音色を作って打ち込んだ2つの音をミックスします。

ミックスと言っても大したことはしませんでした。

ここでは音量を整えただけです。

爆発音が少し小さめな気がしたので、電子音の音量を少し下げつつ、爆発音を上げました。

簡単にミックス(音量調整)

簡単にミックス(音量調整)

さいごに

では、最後に作った音を聴いてみてください。

いかがでしょうか?

ちょっとそれっぽくなっていますでしょうか?

制限が多い中ではありましたが、なんとかそれっぽく出来たかなと思います。

またそのうち別な音も作ってみたいと思います。

別なソフトでもやってみようかとも思ってますので、それまであまり期待せずに待っていてくださいね〜。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)