「G7→C」というコード進行はなぜ落ち着くのか?~ドミナント・モーション

今回はDTM初心者向けに音楽理論的な話を。

ドミナント・モーション」ってご存知ですか?

キーをCメジャー(ハ長調)とすると「G7 → C」という進行のことです。

これですね、音楽的にはかなり重要です。

というわけで、ドミナント・モーションについて解説します。

「トライトーン」とは?

「ドミナント・モーション」を調べたりすると「トライトーン」という言葉も目にすることが多いです。

これが何かというと、全音3つ分(半音6つ分)離れた2つの音のことです。これらの音を同時に鳴らすと、ほんの少し不協和音的な感じ(気持ち悪い感じ?)がします。よく「不安定な響き」と言われるやつですね。

「G7」にはこのトライトーンが含まれています。というわけで、その「G7」を使って具体的に見てみましょう。

「G7」の構成音は「ソ」「シ」「レ」「ファ」です。で、「G7」の中のトライトーンに当たるのは「ファ」と「シ」です。

G7の中のトライトーン

G7の中のトライトーン

ファ→シの間の鍵盤を数えると6ありますね(白と黒両方含めて数えてくださいね。)

ついでにシ→ファも数えてみましょうか。これも6です。

可能な方はこれを同時に鳴らしてみてください。少し不協和音間のある不安定な響きに聴こえませんか?

この不安定さが重要なんです。

「G7」がこのトライトーンを含むことで、コード全体としても不安定な響きになるんですね。

不安定→安定というコード進行

その不安定なコードの後には安定した、ある意味では「綺麗な」コードを聴きたくなります。

それはCメジャーで言うと「C」です。(このコードについて言うことはありません。。。)

で、「G7 → C」とすると落ち着く感じがするということですね。これを曲の終わりに置くことで、より終始感が強くなります。

個別の音の進行について見てみる

ここまではコード全体の響きとして見てみました。

次に個別の音を見てみましょう。

前述した「G7」の「トライトーン」は「ファ」と「シ」でした。

続くコード「C」には「ド」と「ミ」が含まれています。

これですね、「連続する近い音」という観点で見てみると「ファ→ミ」という組み合わせと「シ→ド」というのがあります。

半音進行が2つ組み合わさっている

半音進行が2つ組み合わさっている

これらの組み合わせは半音の進行となっています。そして、これらを鳴らしてみると判るのですが、どちらも終始感があります。

終始感を持つ2つの音の進行が組み合わさっているため、より強く終始感を持つようになっています。

まとめ

つまりですね、「G7 → C」というドミナント・モーションにおいては、以下の2つの点によってより強い終始感を持つということです。

  • コード全体として「不安定→安定」という進行
  • 「ファ→ミ」「シ→ド」という個別の終始感がある進行

もしかしたら他の要因もあるのかもしれません。が、特に重要なのはこれらだと思います。

こういった点でもいろいろな解釈があります。なので、可能な方は音の組み合わせや進行に注目して鍵盤を弾いたり打ち込んでみたりすると新たな発見があるのではないかと思います。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます



コメント一覧

  1. 通りすがり  2016/02/03 17:15:32

    トライトーンを「半音6つ」としても実質的には間違いではないかもしれませんが、tritoneという名称を鑑みて、やはり「全音3つ」とするのが適切ではないでしょうか。その上で、楽器上での位置関係として「ピアノでは鍵盤6つ分」「ギターではフレット6つ分」として説明するのは問題ないと思います。

  2. dtmmatrix
    dtmmatrix  2016/02/03 17:21:08

    >>通りすがりさん 
    ご指摘ありがとうございます! 確かにおっしゃる通りですね。記事を修正させて頂きました。本当にありがとうございました!