ノートパソコンとStudio One 3 Primeだけで手軽に遊んでみる!(2)〜Presenceとフィルター

前回はStudio One 3 Primeでの仮想MIDIキーボード「Qwerty Keyboard」を設定しました。

今回は実際に音を出して遊んでみたいと思います。

遊ぶというよりは、シンセの解説的な内容が多くなっちゃいそうな気もしますが、できるだけ判りやすく書くように心がけますね。

Studio One 3 Primeのシンセ「Presence」を追加

前回設定したQwerty Keyboardを使って音を出すために、プロジェクトにプラグインシンセを追加します。

画面右のブラウズ内で「インストゥルメント」タブからPreSonus→Sampler→Presenceを表示させて、更にArtist Instrumentsの中から好きな音色を選びます。

ここでは基本的なシンセ音色「Saw Synth」を選びました。

Presenceの音色を選択してプロジェクトに追加

Presenceの音色を選択してプロジェクトに追加

するとPresenceのシンセ画面が表示されます。

Presenceのシンセ画面

Presenceのシンセ画面

なんだかちょっとだけ難しそうですね。

下に鍵盤が表示されていて、それを押すと音が出るだろうな〜と予想はできますが、その他のところはある程度知識が無いと難しいかもしれません。

ここでQwerty Keyboardを表示してあれば、PCキーボードで音が出せちゃいます。

これだけでもちょっと楽しい!

というところで、次項から使いやすそうなところを実際に使って遊びつつ、少しずつ解説します。

Studio One 3 Prime付属のプラグインシンセ「Presence」のフィルター

まず、Presence画面の中央上部に「Filter」という部分があり、Saw Synthの初期状態ではこのフィルターはオフになっているので、「Filter」の文字の部分をクリックして有効にします。

Presenceのフィルター

Presenceのフィルター

ちなみに「フィルターって何?」という方のために念のため。

フィルターとは、ざっくり言って「音色の雰囲気を変えるもの」です。

明るい音をこもったような暗い音にしたり、その逆にこもった音を明るくしたりできます。

では実際に少し動かしてみましょう。

一番目立つ丸いつまみ、「Cutoff」というやつをグリグリ回してみます。

右に回すと音が明るく、左に回すと音がこもって暗い感じになります。

フィルターを有効にしてツマミを動かす

フィルターを有効にしてツマミを動かす

音色をプリセットそのままの状態から変化させることができました。

ツマミを触って音が変わり、ちょっと楽しくなってきました。

続きます

今回はプラグインシンセ「Presence」を、音色を選択してからプロジェクトに追加し、フィルターを操作してみました。

フィルターは、今回操作したCutoff以外にも、Resonance(Presence上では「Res」)も重要だったりはします。

それも面白い効果を生むので時間がある方は試してみてくださいね。

次回はエンベロープやエフェクターを使って遊んでみたいと思います。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます