打ち込みでトレモロ奏法を表現する時のコツを3つほど

「トレモロ奏法」というとどういった奏法かはお判りでしょうか?

一つの音を連続で小刻みに演奏する奏法のことです。エレキギターなどの弦楽器でよく使われます。

トレモロは弦楽器の表現方法の一つとして結構重要だと思います。

このトレモロ奏法を打ち込みたい場合、音色プリセットやベロシティの設定によって音が出せればいいのですが、無い場合も多いですよね。

というわけで、トレモロを打ち込みで表現するコツを解説します。

音符を小刻みに繰り返し打ち込む

トレモロは、エレキギターでいうと「トレモロ・ピッキング」などと言いますが、弦を上下から連続で弾くことです。

それをそのまま打ち込んであげればいいです。

トレモロ奏法を打ち込んだところ

トレモロ奏法を打ち込んだところ

3つのコツ

ここで、3つほどコツを。

1つ目のコツですが、ベロシティの強弱を交互に付けましょう

どんな弦楽器でも弦の上下(または左右)から交互に弾くことになります。この時、上→下と下→上のピッキングでは強さが必ず変わります。(機械のように正確に同じ強さで弾ける方も中にはいるかもしれませんが。) その強さの違いを再現するために、交互に強弱を付けます。

また、2つ目ですが、打つ音符の細かさを丁度良くしましょう

音符の打ち込みがあまりに細か過ぎると、人が弾けない速さになってしまい、不自然になります。あくまで聴いた感じで丁度良い速さにしましょう。

3つ目のコツは、「適当に」打ち込む、ということです。

打ち込んだ音符にクオンタイズをかけたり数値を正確に打ち込んだりするといかにも打ち込んだ感じになります。ほどほどに「適当に」打ち込むことで人が弾いている感じを出してあげます。

実際に打ち込んで試してみましょう

この方法はピックなどで弦を弾く楽器全般に使えます。バチで弾く三味線、爪(という名称のもの)で弾く琴などです。

打ち込む時には、強弱の付け方や細かさ(速さ)、適当っぷりによって雰囲気が変わります。なので、実際に試してみて丁度いい感じになるように調整してみましょう。

また、クラシックギターなど複数の指を使える場合はちょっと違います。

クラシックギターにおいてのトレモロ奏法は、詳しくは割愛しますが、複数の指で連続で弦を弾きます。上下から弾くわけではないので、上記の強さや速さのコツは使えず、再現しようと思うと別な打ち込み方法が必要になります。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます