モニタースピーカー TEAC 『VL-M3』


DTM能力診断の質問にも入れましたが、音楽制作向けのモニタースピーカーを使用している方というのは意外と少ないのではないでしょうか。

可能なら『YAMAHA MSP3』程度のものがあれば、初中級レベルの方ならまずは充分かと思うのですが、他の機材を購入したので予算が・・・という方が結構いらっしゃると思います。

そういう方に、とりあえずという感じになってしまいますが、TEACのモニタースピーカー『VL-M3』をオススメします。

サイズが非常に小さく、値段もお手頃だと思います。このサイズなので、低域が足りなかったり、音が全体的に薄く感じたりと、能力的に充分ではありません。

ただ、ヘッドフォンやイヤフォンの他にも自分が作った音を聴く環境を整えるのはレベルアップするのには必要です。またパソコンに搭載されているスピーカーやパソコン向けのスピーカーよりもこういった音楽向けのスピーカーの方が音楽制作には圧倒的に良いです。その点で、このTEAC VL-M3は最初の一台としての使用に適しているのではないかと思います。

DAWソフトウェアやオーディオインターフェースなど、とりあえず曲が作れる環境が整っている方は、次にこのようなモニタースピーカーの導入をお勧めします。

あとついでにスピーカー購入時の注意点。『TEAC VL-M3』はペアで販売されているので1つ購入すれば良いのですが、『YAMAHA MSP3』はペアではなく1本で販売されているので、実際に購入するとなった場合には2本購入する必要があります。この点、ご注意を。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます