初心者向け!DAWで音が出ない時に確認すること~Sonar X2編

DTMの初心者が困ることの一つに「パソコンからの音が出ない!?」というのがあります。

「困ること」と書きましたが、音が出ないとお話にならないくらい重要なことですね。

つい先日も生徒さんが自分のDTM環境を構築していて「音が出ないんですけど~」と質問を受けました。

というわけで、パソコンから音が出ないという時に確認すべき点、行うべきチェック項目をいくつか挙げてみたいと思います。

今回はSonar X2を使いますが、他のDAWソフトでも応用させることはできると思うので、Cubaseなどをお使いの方も参考にしてみてくださいね。

1 オーディオインターフェース、ミキサー、スピーカーなどハードウェアの音量を確認する

意外とやってしまいがちなことがこれです。

ハードウェア的にどこかの音量を0にしてしまっているパターンです。

オーディオインターフェースのボリュームが0になっている

オーディオインターフェースのボリュームが0になっている

ソフトの設定などにばかり気を取られて気付き辛いんですね。

機材の配置によってもうっかりしちゃうことも多々あります。目の前にスピーカーがあってそのボリュームは上がっているけど、隠れたところに置いてあるオーディオインターフェースのボリュームが下がってた~なんてこともたまにありますので要注意。

ちなみに、パソコンの電源を切る時にはスピーカーやミキサーのボリュームは必ず下げておきましょうね。機材を痛める可能性があるので。

で、電源を入れてからオーディオインターフェースのボリューム→ミキサーのボリューム→スピーカーのボリューム、というようにパソコンから近いところからボリュームを上げていくようにしましょう。

2 ケーブルの接続をチェックする

上記のボリュームと同様にこれも意外とあります。ケーブルが接続されてないとか、端子に接続したつもりが少しだけ抜けてたとかです。

ケーブルが完全に挿さっていない

ケーブルが完全に挿さっていない

あと、接続されていないという状態の他に、ケーブルの接続を間違えているというパターンもあります。

適切な場所にケーブルを挿しましょう。

3 DAWソフトでオーディオインターフェースの選択をチェックする

DAWソフトにはドライバ(またはオーディオインターフェース)を選択するための設定項目があります。

これが適切ではないという状態の時には音は出ません。

オーディオインターフェースを適切に選択する

オーディオインターフェースを適切に選択する(クリックで拡大します)

自分が使いたいオーディオインターフェースのドライバを間違いなく選択しましょう。

4 DAWソフトでオーディオドライバの種類を切り替えてみる

オーディオドライバにはASIOとかWASAPIとかWDM/KSなどいくつかの種類があります。

ドライバーの種類を変更してみる

ドライバーの種類を変更してみる(クリックで拡大します)

これとパソコンやオーディオインターフェース、DAWソフトとの相性などによりうまく音が出ない場合もあります。

というわけで、ドライバの切り替えが出来るようなDAWソフトウェアの場合は切り替えてみましょう。

なお、Cubaseは基本的にASIOのみです(よね?) なので、基本的に3番のオーディオインターフェースの選択をいろいろ変えてみるという方法で対応します。

5 プロジェクトのオーディオ形式(Hz、bitなど)がオーディオインターフェースに合っているかチェックする

オーディオインターフェースは、機種によってサンプリング周波数やビット数などのオーディオ形式の対応状況が異なります。

サンプリング周波数というと44.1kHzとか96kHzとかですね。

環境にあったサンプリング周波数・ビット数を選択する

環境にあったサンプリング周波数・ビット数を選択する(クリックで拡大します)

ビット数は、16bit、24bit、32bitなどです。

通常44.1kHz、16bit(CD音質)は対応していることが多いですが、まれに24bitしか対応していないオーディオインターフェースなどもあります。(上画像に写っているFocusrite Scarlett 2i2など)

お持ちのオーディオインターフェースがどのようなオーディオ形式に対応しているかをよく確認しておきましょう。

なお、Sonarはプロジェクトのサンプリング周波数の変更はできません。環境設定→デバイスの設定から「新規プロジェクトの初期設定」を変更し、改めてプロジェクトを新規作成しましょう。

6 パソコンを再起動する

最後はコレです。

最後はWindows再起動

最後はWindows再起動

何の都合なのか、OS的にドライバを読み込んでないとか、読み込み時に少しおかしくなってしまったとか、DAWソフトとドライバの連携がうまくいかないなどということがあるようです。

5までのチェックを全てしてみてもまだ音が出ない、と困った時はパソコンを再起動してみましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます