楽曲制作においてのサンプリング周波数について経験からの考察

今回は私が持っている意見をざざっと書くだけなので参考までに。

オーディオインターフェースを購入しようと思ってメーカーサイトや販売サイトなどで情報を見ていると、『44.1kHz/16bitのCD音質でのレコーディングが可能』とか『USB2.0で24bit/192kHzの高音質!』など、様々な数字が出てくることがあります。というか、ほとんどの場合出てきます。このサイトでも、オーディオインターフェースを紹介する時などには必ず記述しています。

この数字が何かといういうと、ざっくり言って「音質の良さ」ということになります。もう少し正確に言うと、アナログデータをデジタルデータに変換(AD変換)した際、またはその逆の再現度の高さ、と言うことも出来ますね。

ほとんどのDTMソフトにはこれを設定する項目があると思います。私自身、オーディオを扱えるソフトにおいて、これを設定する項目が付いていないソフトは見たことありません。パソコンでオーディオを扱ううえでは不可欠なものと言えることができます。

では、楽曲制作においてはこれをどのように扱ったら良いのでしょうか?

やはりDTMレッスンの生徒さんでも迷う方が多いです。DTMをやっている方なら誰でもぶち当たる問題ですね。

これについて私の経験してきた流れを追ってみたいと思います。

最初はCDと同等の音質

まず、私がDTMを始めた当初は、やはりCDの仕様である16bit/44.1kHzでスタートしました。

当時はほとんどの機材(個人で購入できるレベルのもの)で、サンプリング周波数は44.1kHzか48kHzしか選べませんでした。ビット数は16bitです。USBの場合1.1でしたし(もしかしたら1.0だったかも)、その仕様上48kHzにするのが限界というのもありました。

更に言うと、PCの性能的にもOS的にも今よりもずっと弱い時代だったので、メーカー的にも高音質の機材は作れないというのもあったと思います。

更に更にいうと、その頃はUSB接続のオーディオインターフェースは動作が不安定だったため、デスクトップにPCIデバイスというが主流でした。

最近の方だと、PCIオーディオインターフェースを知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか? 時代の流れですね。

少しずつ高音質の製品が出始めました・・・が、まだCD音質

そうこうしているうちに、Firewireの製品が出てきたり、USBも2.0になって少しずつ動作も安定してくると、『2496』という数字を見始めました。

この数字を見てなんとなく想像つくでしょうか? これは24bit/96kHzのことです。

CD音質の倍以上(48kHzの倍)の音質なので、かなり音が良いというような謳い文句で様々な製品が出ていました。

というところで、実際の作業ではどうしていたかというと、高音質に憧れはあったものの、やはりPC性能やソフトおよびオーディオインターフェースの安定性という点において不安があり、結局CD音質での作業が中心でした。

音楽に限らず新しい規格というのは、なかなかすぐには導入できないものです。

ようやく憧れの2496

で、時代は進んで、PCの性能もかなり上がったりOSも進化したりしつつ、値段もかなり下がってきます。それと共にオーディオインターフェースの価格も下がっていったため、誰でも高性能オーディオインターフェースが購入できるようになってきました。

だいぶPCIの数は減り、USB2.0なのかFirewireなのか、という時代でしたね。どちらかというとFirewireの方が優勢だったと思います。

というのも、「USBはCPUに負荷が大きいがFirewireはとても小さい」という仕様により、メーカー側もFirewireを推奨することが多かったんです。マシンパワーを相当に使うDTMというものの性質上、やはり少しでもCPUに負荷が掛からない方がいいということでした。

私はというと、やはりFirewireのオーディオインターフェースを使っていました。そしてようやく24bit/96kHzで作業するようになっていました。

ちなみにこの頃は24bit/192kHzの製品が出始めた時代でした。32bit対応なんていう製品も少しあったと思います。

その後は・・・

ただ、一時は音質が良くて気持ちも良いなと思っていた2496での作業でしたが、少しずつ問題も出てきました。

まずCPU負荷が大きいことです。CD音質の2倍以上のサンプリング周波数ということは、処理も2倍以上になっています。CPUの負荷が大きくなるのは当たり前ですね。

更に、お気付きかと思いますが、レコーディングした際の音声ファイルのサイズも2倍以上になります。DTMの作業をする度にどんどんHDDの容量を喰ってしまっていました。

音は良いんですけどね~やはりPCの性能がネックになります。作業を進めれば進めるほど動作が不安定になったりして、音楽制作以外の作業、例えばPCのメンテナンスなどに時間が取られてしまうということが多くなりました。

CD音質に逆戻り

そんなこんなで、音質と作業の快適さとのバランスを良く考えた結果、今では16bit/44.1kHzでの作業というのがほとんどに戻りました。

目的によっては24bit/96kHzでの作業という場合もありますし、そうしたとしても最近のPC環境ですとほとんど不安定になったりしません。もちろんHDDについても最近は容量がすごく大きくなっているので、その点で問題になることもまずありません。

ただ、一時の高音質至上主義(?)と比べると、今は高音質に対する需要が少ないということもあります。MP3やWMA、OGGなど圧縮してネット配信というパターンも多く、CD音質すら必要ないと思われる場合もありますね。それでもCD音質より落としての作業はしませんが。

もちろん圧縮の際のビットレートによっても音質は異なりますし、一概には言えない部分もありますけどね。多くの方がCD音質程度にしているのではないかと思います。(私の周りはほとんどそうです。)

さいごに

DTM初心者の方は、作業の音質をどの程度にしているでしょうか?

私の経験からのお勧めは、この記事をここまで読んで頂いた方ならお判りかと思いますが、やはりCD音質である16bit/44.1kHzです。ほとんどの場合、これで充分だと思います。

私は耳が敏感な方ではないですし気にする方でもないので、高音質にそこまでこだわらないというのもあるかもしれません。音楽を聴くという点では、やはり演奏の巧さとか曲の良さに惹かれてしまいます。そこまで高音質ではないMP3とかでも普通に聴けてしまいます。(すこ~し気になる時はありますが・・・。)

この辺は人それぞれの好みとかもあると思うので、やはり自分なりの最適なポイントを見つけるのが重要だと思います。

というわけで、音質についての考えをざざっと書いてみました。

DTMを始めた最初のうちはそこまで気にする余裕はないかもしれません。が、慣れてきたら、この記事を一意見として参考にしていろいろと試して頂けると、自分にあった仕様というのが見つかるのではないかなと思います。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます



コメント一覧

  1. 匿名  2013/03/02 15:51:58

    私は録音時の各トラックは48kまたは44.1k 16bit、ミックスダウンを24bitにしています。
    ミックスした時点では16ビット解像度の音がいくつも重なっているので解像度は16ビット以上になっています。

  2. dtmmatrix
    dtmmatrix  2013/03/02 22:23:00

    コメントありがとうございます。私も24bitで作業することは結構あります。頻度としては多い方から16bit/44.1kHz→24bit/44.1kHz→24bit/96kHzという順番かなと思います。(48kHzはほとんど使っていません。)