Cubase Elements 8のコードパッドは超便利だった(1)

Cubase Elements 8の新機能の一つに「コードパッド」というのがあります。

これはコードでの打ち込みをしやすくしてくれるものです。

コードの知識があまり無くても割と簡単にコードの打ち込みが出来ちゃいます。

というわけで、この機能を少し紹介します。

私自身が今まで使ったことがない機能を使えるようになりたいなと思ってやってみたことの紹介なので、既にCubase Elements 8をお持ちの方ならやったことがあることばかりかもしれません。

使ったことが無い方はぜひ読んでみてください。

準備

まずはこの機能を使うための準備をします。

トラックを追加して、音が出るようにしましょう。

ここではHALion Sonic SEを使いました。

そして画面右のインスペクタの中の「コード」をクリックします。

トラックを新規追加してコード機能を表示

トラックを新規追加してコード機能を表示

次に、その中の「コードパッド」というのをクリックします。

すると画面下に鍵盤とコード名が表記されたボタンが表示されます。

コードパッドを表示

コードパッドを表示

これでOKです。

音を鳴らす

この状態で既に音を鳴らすことができます。

コード名が表記されたボタンを押してみましょう。

コードのボタンを押してコードを演奏

コードのボタンを押してコードを演奏

少し便利だな〜と思ったのは、表示した最初の状態でCメジャーのキーでよく使いそうなコード、いわゆる「ダイアトニック・コード」が既にセットされていることです。

下段にダイアトニックコード

下段にダイアトニックコード

適当に押してもなんとなく曲ができそうな感じがしてきちゃいます。

あと、ダイアトニック以外でよく使われるセブンスコードも上段に表示されています。

音楽理論的にはいわゆるセカンダリー・ドミナントってやつです。

上段にセカンダリードミナント

上段にセカンダリードミナント

このセカンダリー・ドミナントのコードを弾いた後、上画像のようにとりあえず右下のコードを弾きましょう。

これだけでその部分が自然な流れになります。

ボイシングを変える

コードの配置、いわゆるボイシングも簡単に変えられます。

コードのボタンにマウスを重ねると左右と下にいくつかの三角形が表示されます。

右のボタンがボイシングを変化させるボタンです。

ボイシングを変えるボタン

ボイシングを変えるボタン

上下の三角をクリックすると、演奏される音符も上下に移動します。

ボイシングを変えた状態

ボイシングを変えた状態

これで自分の楽曲に合わせたボイシングに簡単に出来ちゃいます。

続きます

とりあえず基本のみ説明しました。

次回はもう少し進んだ機能を紹介します。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます