DTMのレベルアップのために必要な方法3つ

みなさん、楽曲作っていますか?

私は今年に入って、完全な完成形ばかりではないにしろ、何曲か作りました。

楽曲を作っていると、さらにレベルアップしたいなと思うことってよくありますよね。

というわけで、今回はDTMのレベルアップに必要な方法を3つほどご紹介いたします。

DTM経験を少し積んで、曲が作れるようにはなったけど・・・という方向けです。

1)いつもと違う手順で曲を作ってみる

何曲か楽曲制作をしていると、だんだんと自分の得意な制作手順というのが出来てくると思います。

メロディを作ってからコードを付けるとか。はたまたドラムやベースなど簡単なオケを作ってからメロディを乗せるとか。

どんな方法でも、楽曲が制作できれば正解です。

でも他の方法も試してみませんか?

例えば、いつもメロディから作る人は先にコードを打ち込んでみたり、オケを作る方はメロディから作ってみたり、などです。

いつも制作時にはギターを弾きながら考えて作る、という方はキーボードだけを使ってみるという方法もあります。

また、いつもキーボードでメロディを生み出すという方は、実際に声に出して歌いながら作っても良いでしょう。

いつもと違う方法を使うことによって、楽曲制作違う面が見えてきますし、少し困ってもそれを乗り越えることでさらなるレベルアップができます。

2)便利なツールを使わずに、同様な機能を再現してみる

最近のDTMソフトウェアには、ピッチ補正ソフトやマスタリング系エフェクトをはじめ、コードが簡単に打ち込めるツールなど、楽曲制作に使える便利なツールがたくさん付いています。

例えばCubaseならコードパッドとかLoopMashとかでしょうか。他のソフトでももちろんいろいろなツールが備わっています。

そういったソフトを使い慣れると、楽曲の制作が進むようになりますし、より楽しくなるかもしれません。

が、たまにそういった機能を使わずに、同様の機能を再現してみましょう。

例えば、楽曲の音圧を簡単に上げられるツールがあります。Sonarで言うとBoost 11、Logicで言うとAdaptive Limiterです。

これらを使わずに、同様に音圧を上げる、というのに挑戦してみましょう。リミッターやコンプレッサー、EQを駆使するのが必要かもしれません。

もし再現できなかったとしてもOKです。機能を確認したり考えながら使ってみることで理解できることがたくさんあります。

その行程がとても大事です。

3)どんどん人に聴いてもらう

ある意味当然な話ですが、楽曲を作ったらどんどん人に聴いてもらいましょう。

最初は自分の楽曲を聴いてもらうことに抵抗ありますよね。で、おそらく聴いてもらう→頑張らなきゃってなるはずです。

ここでレベルアップのきっかけになるかもしれません。

ただし、そうならなくてもOKです。もし感想やアドバイスをもらえたら、さらに判ることが増えるはずです。

最近だと、SoundCloudやMySpaceなどの匿名で音楽配信ができるサービスも多いです。

せっかく作った曲ですから、人に聴いてもらいましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます