DTM超初心者向け!楽曲制作過程のパターンいくつか

以前の記事でロードマップがどうこうという話を書きましたが、それに関連する話です。

DTMでの楽曲制作において、完成までの過程は多々あります。具体的な内容は人それぞれパターンがありますね。

DTMレッスンの生徒さんでも、やはり作る音楽のジャンルやスキルなどによってそれぞれ違ってきます。ソフトによっても違いがあります。

そんなわけで、そのパターンをざざっと書いてみたいと思います。

まず概要

まずは大きく言うと以下のような過程があります。

  1. メロディ作成
  2. コードアレンジ
  3. 各パートアレンジ
  4. ミックス
  5. マスタリング

マスタリングは、複数の楽曲に統一感を出すために音量・音質調整するという目的がほとんどですので、ここに入れるのは適切ではないかもしれません。が、DTMではつきもの(のような気がする)なので入れちゃいます。

あと、歌もの楽曲の場合には、どこかのタイミングで歌詞を書く必要がありますね。私の場合には、3の各パートアレンジの後に書くことが多いです。が、その前のどこかの段階で書いちゃうこともよくあります。完全に気分次第(笑)

比較的スタンダード?

  1. メロディ作成
  2. コード付加
  3. ドラムなどのリズムアレンジ
  4. ベースアレンジ
  5. ピアノ、ギター、シンセなどウワものアレンジ
  6. ミックス
  7. マスタリング

古来の方法ですね(笑)

やはり曲で大事なのはメロディとコード(と歌詞)なので、それを最初に作っちゃうパターンです。

そこがしっかりすると、他のアレンジは思いのままどんな方向にもいけちゃいます(慣れれば。)

最近結構流行り?

  1. 仮ドラムパターン作成
  2. 仮ベース作成
  3. 仮ウワもの作成
  4. メロディ作成
  5. コードアレンジ
  6. 全パート本番作成
  7. ミックス
  8. マスタリング

特に歌ものの曲を作る時などはこういう手順でやっちゃう場合もありますね。

仮の伴奏をざっと作ってしまって、そこにメロディを乗せ、そのメロディに沿ってコードを改めて付け、コードに従って各パートを作ります。

手順が多いように見えますが、仮伴奏は適当に作っちゃえますし(笑)、メロディや歌詞のイメージが湧きやすかったりもするので、慣れれば意外と時間はかかりません。

打ち込み系ではありがち?

  1. テーマになるループ探し
  2. 各パートのパターン作成しつつ簡易ミックス
  3. 本番ミックス
  4. マスタリング

強く主張するメロディは特に無く、コードとかも考えないテクノ系、トランス系だったり、ミニマルな楽曲だったりするとこういうことをやりますね。

面白いループを1つ発見したら、そのループを中心にイメージを膨らまして他の音を作っていきます。

まあ稀に「完成したら最初のループが無かった」なんてこともありますけど(笑)

Aメロ、Bメロみたいな定型も無いですね。とにかく思いのままに作るタイプです。

最後に

楽曲制作のロードマップ的な意味合いで書いてみました。

が、書いてて「抽象的だし人それぞれ過ぎてあまり意味ないかも・・・」と、途中で心折れそうになりました。

でもお蔵入りするのももったいないし、参考になる方もいるかなと思って公開しちゃいました。

今自分がどの段階にいるかを少し意識すると、次の段階が見えてくるので、作業も進みやすくなるんじゃないかなと思います。

あと、特に『最近結構流行り?』の最初の仮パート作りは最近お勧めです。DAWソフトに慣れると、ループとかを駆使して超簡単に1コーラス分のパターンを作っちゃうことが出来ます。すると曲の完成系が早い段階で見えてくるので、制作も楽しくなります。そこからが長いという話もありますが、まあそれはそれで・・・。

というわけで、参考になるか微妙だな~とは思いますが、DTM初心者の方は参考にしてみてください(笑)

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます